肌刺激を与えないように敏感肌用のファンデーションを使う

使い心地

ファンデーションにはリキッドとパウダータイプがありますが、それぞれ正しい付け方が異なっています。
リキッドタイプでは手にリキッドを付けて顔全体に付けていきますが、むらなく付けるために伸ばしてしまうと肌の摩擦を引き起こしてしまいます。
敏感肌の人は肌へ摩擦が発生したときも肌を傷つけてしまうので、塗るときは伸ばすのではなく叩きこむ方が良いです。
叩き込むときは強くするのではなくポンポンと軽くすることで肌負担を軽減できます。
また手で付けた後は専用のスポンジを使うことで自然な仕上がりにすることができます。
手だけでなくスポンジを使うことで均等にファンデーションを塗れるのです。
またパウダータイプのファンデーションでは肌をナチュラルに仕上げることができ、更にクリームやリキッド、スティックなどよりも確実に肌にやさしくケアをすることができます。

敏感肌用のものを選ぶときはパウダータイプにすることで肌トラブルを軽減させることができます。
パウダータイプは粒子も細かいため、毛穴一つ一つを見逃さず綺麗に塗ることができます。
このタイプなら忙しい朝でも早く仕上げることができるので仕事で朝が早いという人にも良い商品です。
敏感肌の人が一般的な化粧品を使うと肌荒れの危険性が高まるため、常に敏感肌用のものを使うことで少しずつ肌質改善を目指せます。
また敏感肌用のパウダータイプは肌への密着も少ないので化粧落としでも肌に負担なく簡単に落とせます。