肌刺激を与えないように敏感肌用のファンデーションを使う

刺激を与えない

敏感肌の人は肌刺激が弱いので日常生活でもケアに気をつけなければなりません。
毎日生活していると肌には菌や汚れが付着してしまいますが、一日の始まりや終わりには洗顔をすることで顔全体を清潔に保つことができます。
あまりにも洗いすぎてしまうと顔に必要な皮脂を落としてしまうため、良い状態を保つためには一日二回の洗顔が良いとされています。
化粧をする前に洗顔をして清潔にしていないと、顔の汚れや菌の上からさらに化粧を重ねることになってしまいます。
そのまま長時間過ごしてしまうと顔全体に菌が繁殖してしまうため、敏感肌の人は肌トラブルになる危険性が高くなります。
一番は洗顔後にファンデーションなどを付けないことが良いとされていますが、仕事やプライベートではどうしてもしなければならないこともあります。
肌負担を極力避けるために敏感肌の人は洗顔から気をつけていくことで肌を綺麗な状態に保つことができます。

洗顔をするときは手でゴシゴシとこするのではなく、泡だけを肌に触れさせるようにすれば摩擦を発生させることもありません。
また肌の毛穴は狭いので泡立てるときに細かい泡を作れば毛穴の奥まで綺麗にすることができます。
洗顔を終えた後は肌が乾燥しているので、そのまま放置していると敏感肌になってしまいます。
洗顔後は5分以内に化粧水や乳液、美容液を付けることで肌保湿を保つことができます。
その後に敏感肌用のファンデーションを使って化粧を行えば、敏感肌の人でも肌刺激を少なくして毎日健康的な肌を維持できます。